青洲会グループ

入所:特別養護老人ホーム(ユニット型個室)

 

特別養護老人ホーム(ユニット型個室)

 

イラスト

居室を10人単位のグループに分けた生活単位(ユニット)として、食事や入浴などの日常生活はこのユニット内で営まれます。
スタッフも原則としてユニット単位の勤務体制とし、そのなじみのスタッフとともに家庭的な雰囲気の中で一人ひとりの生活リズムを尊重した、きめ細やかで「その人らしさ」を大切にしたケアを実現します。

寝たきりや認知症などによりご自宅での生活が困難になり、介護を必要とする方々が入居する施設です。ご自宅での生活が入居ごも継続できるよう「それまでの暮らし」に配慮した環境づくりとお一人お一人の思いを大切にするケアに取り組みます。

 

利用定員

全室個室[定員/50名]

 

対象

●要介護認定で要介護3〜5の方が利用できるサービスです。
●病状が安定しているものの、介護、看護、リハビリを必要としている方が対象です。
ご利用者様が自身の力を十分に発揮できるよう、各専門スタッフが支援をいたします。

 

 

入浴

入浴気持ち良く入浴して頂く為にお身体の状態に合わせて、一般浴、リフト付き個浴、機会浴槽を設置しております。入浴は1週間に2回程度となっており、体調不良や気分が向かないなどの場合は、日をずらしたり、清拭対応を行い、清潔保持に配慮致します。
当施設では、入浴中、同じ1人の職員が最初から最後まで対応致します。
ご家庭のように時間を気にせずゆっくりと安心して入浴して頂けます。

 

お食事

阿見こなんでは、利用者様1人1人に合った食べやすいお食事をお出ししています。
ご飯とお粥と汁物は各ユニットで調理し、毎食出来たての温かいものをお出しすることができます。
水分も利用者様1人1人に合わせたトロミをお付けしています。
おかずは嚥下や咀嚼機能に合わせ、通常のお食事を一口大に切ったり、刻んだりしています。嚥下困難な方には、刻んでトロミをつけた「刻みトロミ」や出来上がった物をミキサーにかけた後にゼリー状に固めた「ソフト食」をお出ししています。
ソフト食は通常のお食事では飲み込む事が難しい方に、普通のお食事に近づけ、美味しく安全に食べられるように工夫された食事です。通常では食べにくいものでも、柔らかく、のどごし良くむせにくく作られています。

お食事

 

健康管理

健康管理日々、平穏で安心してお過ごし頂けるよう、
ご利用者一人ひとりの体調を適切に管理致します。
定期的な主治医の往診や、定期健康診断、薬剤の処方、
さらに詳しい検査や入院が必要な場合は、
協力病院と連携して迅速に対応します。

※往診は毎週実施します
※協力病院はこちらをご覧下さい

 

 

日中の様子

居室でゆっくり過ごしたり趣味活動をしたり、ユニット内の共同スペースでみんなとテレビを見たり、楽しく談話したり、たまにはお昼寝したり…(^-^)
また、天気の良い日には、近所の南平台公園へ散歩に出かけたりもします。それぞれ思い思いのひとときをお過ごし下さい。

 

 

行事・イベント

ユニット単位でアットホームな誕生日会や、
ホールに集まりみんなで賑やかな和太鼓演奏の慰問を楽しんだり、

盛夏には流しそうめん、新年には書初めなど季節感ある行事も行っています。
ご家族や地域ボランティアの皆様にも積極的に参加頂き、温かい交流の場ともなっています。